コラム
Column

「猫の甲状腺機能亢進症」

2016年11月30日

甲状腺というのは気管のすぐそばにある器官で、代謝に重要な役割を示す甲状腺ホルモンを分泌しています。
中高齢の猫ではこの甲状腺が腫大したり稀に癌化することで甲状腺ホルモンの分泌が過剰になる病気が割と多く起こります。
日本では7歳以上の猫のおよそ10%が甲状腺機能亢進症を持っていると言われています。
……………………………………………………………………………………
症 状
……………………………………………………………………………………
甲状腺ホルモンの増加により代謝がよくなり過ぎてしまうため、
すごくたくさん食べるのに太らなかったり、攻撃的になったり、いつも眼がギラギラとしていたりします。
このような症状のため、飼い主さんの目には「年の割に元気だ」と映ってしまい、病気の発見がなかなか難しいという一面もあります。
また、全身の代謝が上がることで心臓への負荷が増し、心拡大や心雑音がみられます。

 

……………………………………………………………………………………
診 療
……………………………………………………………………………………
前回記載したような特徴的な臨床症状の他、一般的な血液検査に加えて甲状腺ホルモンの測定を行います。
また、心臓の評価のために胸部レントゲン検査や心エコー検査を行うこともあります。
これらの結果から甲状腺機能亢進症が疑われた際には、治療法として外科手術、内科療法のどちらかが選択されます。
近年、甲状腺機能亢進症用の処方食が発売され、食事のみで正常なホルモン分泌量にコントロール可能との報告も多く出ているようです。
……………………………………………………………………………………
予 防
……………………………………………………………………………………
有効な予防方法はありません。
定期的な健康診断を行い、早期発見を心がけましょう。