「猫のフィラリア症」

 

発生数はあまり多くありませんが、猫も犬と同様に感染します。

原因になるのは犬と同じフィラリア(Dirofilaria immitis)という寄生虫ですが、

犬の場合と異なる点がいくつかあります。

1.フィラリアの成虫が小さい

2.寄生する成虫の数が少ない

3.虫体の寿命が短い

4.赤ちゃん(幼虫)が生まれにくい

5.異所性寄生(脳・眼・皮下などへの寄生)のリスクが高い

フィラリアの発育にとって猫の体内はあまり良い環境ではなさそうですね。

幼虫が成虫になれる確率はわずか約1~25%です。犬では40~90%です。

また、成虫になれたとしても虫体は小さく幼虫もあまり増やせません。

……………………………………………………………………………………

症 状

……………………………………………………………………………………

急性症状:突然死、虚脱、ショック、喀血、嘔吐、呼吸困難、咳、盲目

痙攣、昏睡、失神、運動失調、旋回運動

慢性症状:呼吸困難、咳、嗜眠(よく眠る)、虚脱、心不全、食欲不振、嘔吐

……………………………………………………………………………………
診 療
……………………………………………………………………………………
検査キットや超音波検査などで寄生の有無を診断しますが、
検査キットに反応しないこともあります。
●フィラリアの駆虫(薬を使った治療)
成虫の駆虫:通常猫では推奨されません。
幼虫 (ミクロフィラリア)の駆虫:通常あまり生まれてこない為、治療は一般的ではありません。
●虫体の寿命が2年と短いので合併症に対する治療を実施しながら
自然治癒を待つのが効果的ともいわれています。
……………………………………………………………………………………
予 防
……………………………………………………………………………………
月に1回のフィラリア予防薬の内服もしくは塗布
最近では猫ちゃんに予防をする飼い主さんもふえてきました。
安全に使用できる予防薬がありますので、
興味があるかたはかかりつけの動物病院に相談してみてください。

 

一覧に戻る

関連記事を読む

よくある症状 第5回「しこり・腫れもの(腫瘍)ができた」

「猫のヘモプラズマ感染症(ヘモバルトネラ感染症)」

Copyright © Anicli24 AA Rights Reserved.