犬と猫の感染症 ジアルジア症  獣医師 三宅

 

寄生虫感染による疾患です。

inuneko-kansen3.jpg

ジアルジア (Giardia canis:犬に寄生、Giardia felis:猫に寄生)は原虫と呼ばれるグループの寄生虫です。犬・猫の腸管内に寄生しますが、過剰なストレスや消化器病の併発など、動物側に何か問題がないかぎり、ほとんど症状は示しません。

*感染経路*
腸内のジアルジアはシストという卵に似た形で、犬・猫の便と一緒に出てきます。このシストを口にした犬・猫は感染してしまいます。これも、コクシジウムや回虫と同じように、食糞しなければ大丈夫ということではなく、便を踏んだ足を毛づくろいしたり、おしりを舐めたりしても感染は起こります。

*症状*
通常、無症状のことが多いです。子犬・子猫で、小腸性の下痢(軟便、油臭い、青白い、脂肪便)がみられます。時に嘔吐を伴います。

*治療*
駆虫薬の内服で改善がみられます。しかし、長期の下痢で体力の低下や脱水がみられる場合などは、点滴や皮下補液による水分補給が必要なこともあります。
また、動物の体に付着しているシストを洗い流す必要もあるため、健康状態に問題がなければシャンプーもしましょう。

*予防*
多くは、お家に子犬・子猫が来る前にすでに感染しています。多数の子犬・子猫を飼育している環境下での感染率がとくに高いです。下痢をしている時には早めに病院で便検査をしてもらいましょう。感染の可能性がある時には、環境を清潔に保ち、便をすぐに片づけるよう心がけましょう。

もっと詳しく知りたい方、同じ病気にかかっている愛犬愛猫と暮らしている方、
獣医さんに直接相談してみませんか。
会員登録はこちらから

 

 

一覧に戻る

関連記事を読む

気にしていますか?わが子の歩き方・後ろ姿 第5回「股関節」

Copyright © Anicli24 AA Rights Reserved.