「毛包虫症(ニキビダニ症)」 獣医師三宅

Demodex canisという寄生虫(ニキビダニ)による皮膚疾患です。
健康な犬の毛包内にも存在しますが、なんらかの原因により増殖することによって炎症を起こしたり、二次的に細菌感染を引き起こしたりします。一部分だけに発症したり、全身に発症したりします。

若齢犬での発症の場合は治癒が期待できますが、成犬での発症では慢性化して継続的な治療が必要になることも多いです。

成犬での全身での発症は、病気や皮膚機能の低下などにより免疫力が低下してしまうことが要因となります。

 

症状

湿疹や毛穴の黒ずみ、皮膚の赤み、フケ、などが見られます。

 

診療

毛 包内に潜んでいるニキビダニを検出します。一度の検査ではなかなか見つからないことも多いです。治療法としては、ニキビダニの駆虫、細菌感染を起こしてい る場合は抗生剤、薬用シャンプーなどを行うこともあります。局所的に駆虫剤を使用することもあれば、内服や注射などで全身的に使用することもあります。

 

予防

感染犬から感染することは一般的になく、犬自身の免疫失調が関与すると考えられます。

一覧に戻る

関連記事を読む

気にしていますか?わが子の歩き方・後ろ姿 第5回「股関節」

Copyright © Anicli24 AA Rights Reserved.