電話どうぶつ病院 Anicli24 コラム

「猫白血病ウイルス感染症(FeLV)」2014年7月18日

2014年7月18日

 

猫白血病ウイルスにより免疫不全や腫瘍などが引き起こされる、ウイルス性の感染症です。
毛づくろいや同じ食器を使用するなど日常生活をともにすることでも感染する他、
母猫の胎盤や母乳を通しても感染します。
感染すると多くの猫が、免疫不全やリンパ腫、白血病などを発症し数年で亡くなります。

……………………………………………………………………………………
症 状
……………………………………………………………………………………
感染初期なのか、免疫不全を起こしているのか、腫瘍を起こしているのかによっても異なりますが、
発熱、鼻炎、などの一般的な風邪に似た症状から、
口内炎、歯肉炎、削痩、下痢、リンパ節腫大、呼吸困難などがみられます。

……………………………………………………………………………………
診 療
……………………………………………………………………………………
血液中のウイルス抗原を検出することによって診断します。
インターフェロンなどの免疫療法や、
免疫不全により感染の危険が高い場合は抗生剤なども使用されます。
腫瘍が発症しているケースでは抗癌剤による化学療法がおこなわれます。

……………………………………………………………………………………
予 防
……………………………………………………………………………………
完全室内飼育にして、ウイルスとの接触を防ぐことが大切です。
ワクチンも存在します。

 

ご登録はこちら