「犬の乾性角結膜炎」 獣医師 三宅

 

涙は常に目の表面を覆って、目を守っています。
乾性角結膜炎とは、涙が減少することにより、角膜、結膜に炎症がおきる病気です。
通称ドライアイとも呼ばれています。
先天性、神経性、自己免疫性、突発性などが原因として挙げられます。

症状
ネバネバした膿のような目やにや結膜の充血が見られます。
角膜が白く濁ったり、茶色く色素沈着が起こることもあります。
角膜が広く茶色い色素に覆われてしまうと、目が見えなくなる可能性もあります。

診療
涙の量を測定して、診断を行います。
治療には、人工涙液や免疫抑制剤の点眼などが使用されます。
長期に及ぶ治療が必要となり、点眼をやめることで再発することもありますので、気長に上手に付き合っていく必要がある病気です。

乾性角結膜炎になりやすい犬種
ヨークシャー・テリア
キャバリア、シーズー
ミニチュア・シュナウザー
パグ
ブルドッグ
ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア などで多く見られるとの報告があります。

もっと詳しく知りたい方、同じ病気にかかっている愛犬愛猫と暮らしている方、
獣医さんに直接相談してみませんか。
会員登録はこちらから

 

一覧に戻る

関連記事を読む

気にしていますか?わが子の歩き方・後ろ姿 第5回「股関節」

気にしていますか?わが子の歩き方・後ろ姿 第5回「股関節」

Copyright © Anicli24 AA Rights Reserved.