獣医師が解説【犬の寄生虫感染症】 瓜実条虫症の代表的な症状、原因、治療法、受診の判断は?

この記事を監修した獣医師

anicli24 院長

三宅 亜希みやけ あき

犬・ネコの病気、予防医療、しつけ、ペットに関する気になることを専門の獣医師に電話相談できる電話動物病院「アニクリ24」の院長。日本大学生物資源科学部獣医学科卒業。

犬・ネコの病気、予防医療、しつけ、ペットに関する気になることを専門の獣医師に電話相談できる電話動物病院「アニクリ24」の院長。日本大学生物資源科学部獣医学科卒業。

ワンちゃんの瓜実条虫症 代表的な症状

猫の瓜実条虫症(うりざねじょうちゅうしょう)は寄生虫感染による消化器疾患で、症状が出る場合は、おしりを気にして舐める、下痢、血便などがみられます。下痢や血便が起こるときは大量に寄生している場合です。排便内や犬のベッドなどに米粒のような形状の条虫の一部(片節)が排泄されることもあります(乾燥するとゴマ粒のようにみえます)。寄生している寄生虫が少量の場合は、目に見える症状がなにもない無症状のことが多いです。
※犬の瓜実条虫症は人にも感染する人畜共通感染症(zoonosis)です

POINT

– 多くが無症状
– 米粒やゴマ粒のようなものが見つかる
– 大量寄生で血便

ワンちゃんの瓜実条虫症の原因は?

犬の瓜実条虫症は、瓜実条虫という寄生虫が原因になります。犬が、瓜実条虫に寄生したノミを飲み込むことで感染します。犬に寄生するノミにはイヌノミとネコノミがありますが、そのほとんどはネコノミです。瓜実条虫はネコノミにもイヌノミにも感染します。感染した犬の糞便中には瓜実条虫の卵が排泄されますが、犬がそれを直接口にしたとしても瓜実条虫症には感染しません。瓜実条虫が犬に感染するためには、ノミの身体の中で犬に感染できる状態まで成長する必要があるからです。条虫の一部(片節)を食べたとしても同様に感染は起こりません。

POINT

– ノミの感染でリスクが高まる

ワンちゃんの瓜実条虫症 受診の判断は?

ノミ予防をしていない犬で、おしりを気にしてよく舐めているようなときは、瓜実条虫症の可能性を考えます。条虫の一部(片節)が糞便中や犬のベッドなどに確認できることで気が付くことが多いでしょう。無症状のことが多いので、受診の必要性を感じにくいかもしれませんが、大量感染により出血性腸炎を起こすこともあるので、早めに受診をしたほうがいいでしょう。

もし、病院に連れていくほどの様子には思えない、など受診に迷われる場合は、アニクリ24の獣医さんに直接相談してみませんか。

Anicli24は24時間365日
いつでも相談できる電話動物病院です。

登録は約5分で完了。経験豊富な獣医師に、今すぐ電話で相談できます。

ワンちゃんの瓜実条虫症の検査・治療は?

検査

犬の瓜実条虫症は、一般的には以下の検査を行います。

問診で飼い主さんから普段の様子、症状がある場合は始まったタイミング、飲んでいる薬、予防歴、食事、などについて詳しく話を聞きます。
便検査で寄生虫や寄生虫の卵の有無、細菌の状態を確認します。ここで条虫の一部(片節)や瓜実条虫の卵が見つかれば確定診断ができます。
消化器症状がひどいときや、条虫の一部(片節)や瓜実条虫の卵がみつからないときは、他の病気を疑い画像診断や血液検査を行うこともあります。

治療

検査の結果、犬の瓜実条虫症であると診断されたら、瓜実条虫の駆虫薬と、ノミの駆虫薬によって治療を行います。一般的には駆虫薬だけで良化します。消化器症状が重く、下痢や嘔吐による脱水を起こしている場合は、点滴を行う必要があります。点滴により、十分な水分や電解質を補給します。胃腸がかなりのダメージを受けている場合は、細菌感染などの二次感染を防ぐ目的で抗生剤などが使用されることもあります。

瓜実条虫駆虫薬には、内服タイプや注射タイプがあります。ノミの駆虫薬には内服薬や滴下タイプがあります。犬の性格や年齢などから安全性や投与のしやすさで選択されます。

ワンちゃんの瓜実条虫症 予防はできる?

犬の瓜実条虫症は予防できます。ノミ予防を行うことが一番の方法です。お散歩などで簡単にノミをもらってきてしまうため、定期的なノミ予防を行うことが推奨されます。また、犬のトイレはすぐに掃除をしベッドなども定期的に掃除をするようにしましょう。

犬の瓜実条虫症はノミ以外でもハジラミから感染するケースがあります。ノミとハジラミを同時に駆虫できるノミ予防薬を使用するとより安心です。

アニクリ24では、病気の相談以外にも、なにか普段と違う異変を感じたとき、不安を感じたときは いつでも直接獣医師に相談することができます。

Anicli24は24時間365日
いつでも相談できる電話動物病院です。

登録は約5分で完了。経験豊富な獣医師に、今すぐ電話で相談できます。

関連記事
「犬の下痢 前編」
よくある相談【犬の下痢 前編】獣医師が代表的な5つの原因について徹底解説
関連記事
「犬の下痢 後編」
よくある相談【犬の下痢 後編】獣医師が対処法、受診の判断、検査・治療について徹底解説
関連記事
「犬の出血性胃腸炎」
獣医師が解説【犬の出血性胃腸炎】下痢など代表的な症状、原因、治療法・薬、受診の判断は?
関連記事
「犬の回虫症」
獣医師が解説【犬の寄生虫感染症】 回虫症の代表的な症状、原因、治療法、受診の判断は?
関連記事
「犬の鉤虫症」
獣医師が解説【犬の寄生虫感染症】 鉤虫症の代表的な症状、原因、治療法、受診の判断は?
一覧に戻る

関連記事を読む

気にしていますか?わが子の歩き方・後ろ姿 第5回「股関節」

Copyright © Anicli24 AA Rights Reserved.